2016年03月01日

小笠原新島、南西方向の溶岩流確認 赤外線

黒沢大陸】小笠原諸島の西之島の火山活動で現れた新しい島について、海上保安庁は6日、赤外線画像で溶岩流が流れ下っている様子が確認できたと発表した. 島の誕生直後を写真で 赤外線画像は4日に撮影され、溶岩流を表す温度が高い領域が確認でき、新島の中央から東方向、南東方向、南西方向に流れ下っていた. 「南西方向の溶岩流を確認したのは初めて」としている. 同日に撮影された可視画像をもとに島の大きさを解析したところ、東西約300メートル、南北約260メートル、面積は約5万6千平方メートルに達していた. 甲子園球場の約1・5倍にあたる. ClassAdidas サッカースパイクic ナイキ クラシック 【ブログシティ】9年連続200本安打 面積は新島が確認された翌日の11月21日時点の約3・7倍、12月1日時点の1・5倍の大きさに拡大していた. 新国立競技場の維持費、年間41億円 JS
posted by HaraSayaka at 11:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。