2013年05月22日

異国のとんでもなさ

文化や言語や民族や(中略)の違いがあるとはいえ、やはり異国の話は衝撃が多いですね. ジンバブエ とか ウガンダ とか、シャレでは済まされない情勢の国でなくとも、 たとえばニュージーランド いや、ちょっと出張で参りますもので、調べてみただけです. 行ってきてからご紹介するのもいいのですが、2週間も当ブログに出没しなくなるため、一応そのお断りもかねまして. 「ちょっとNZ行って来い」 と言われて、まず浮かんだのがヒツジさんでございました. じゅうう~~ ・・・ごめんなさい、ほんとうに. 「そういえばニュージーランドって畜産が有名だよなあ」 ということで Wikipedia先生 に聞きました. 人口: 426万6千人 近年では、国際市場での価格上昇を受け乳製品の輸出が好調. 畜産を廃業し酪農へ進出する農家が増加傾向にある. 人口の10倍以上家畜が多いため、国際的にも異色の 地球温暖化 対策を進める動きが出ている. 羊や牛のげっぷ・おならに含まれる メタンガス を抑制するというもので、農家からは反発もある. アホか! さらにニュージーランドといえば、オーストラリアから見ても辺鄙なとこにある島国ですけど、 (何か今色々な人や国に失礼なこと言った気がする) ニュージーランドの北島、南島およびスチュアート島は太古から大陸から切り離され孤立したため独特の生態系が形成された. とくに注目すべきは、コウモリとクジラなど海洋哺乳類を除けば哺乳類が生息していないことである. そのため、鳥類が哺乳類が担うべきニッチに 適応放散 したため キウイ や フクロウオウム 、 タカヘ など 飛べない鳥 による生態系が発達した. 激安ゴルフクラブ なんじゃいそりゃあ! 先ほど引き合いに出しましたオーストラリアも、はるか昔の 大陸移動の時のアレ で、哺乳類はコアラだカンガルーだといった有袋類しか居なかったことで有名ですが、 さらに上を行く国があったとは・・・ ちなみにオーストラリアのヘビは9割近くが毒蛇でしかもコブラ科ばっかりです以上余談終わり ------- いつも以上に千鳥足ならぬ千鳥文になってますが、 そしてようやく本題なのですが(ウソだろ)、 国旗、というものがあります. どん! さらに州旗ですとか県旗なんてものもあります. ふつうは長方形なのに、あえてフクザツな形をしている ネパール も、笑えるレベルで「空気読め」といえますが、 これには勝てない. シチリア州(イタリア) ・・・俺を笑い死にさせる気か. たとえばロケットワークス社長やわたくしumiushiを生んだ長野県は おとなしいもんですよ 並べてみると 黄金聖闘士と雑兵くらいの力の差がありますよ. ・・・ 調子に乗って、もっとやってしまうのです. もうだめだ・・・銀河系最強の旗だろこれ.
posted by HaraSayaka at 15:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。